プロフィール

きょう

Author:きょう
きょうさんです。
FF14旧版のキャラは継続せず、
新キャラ、新鯖にて新生を
遊ぶことにしました。

Profile

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルダハ探検隊。

昨日は、あゆらさん、ちえたむさん、もるさんを連れ立って、
3国周遊の旅に行ってきました。

あまり時間もなかったので、テレポでリムサ→船でザナラーン→歩いてウルダハの順番で、
終着地ウルダハに無事到着、現地解散とあいなりました。


で、みんなで装備品の耐久が減ってるよねーと話をしていて、
あゆらさんのお裁縫の針が耐久3%とか超下がってたので、
修理して100%にもどしてたところ。
***

そういえば、道具の耐久が減ると製作失敗しやすくなるのかも!

あゆらさん、ミコッテの下着が白いのが欲しいらしく、
お裁縫を上げ上げしておりましたが、スキル8くらいで上級つけても、
今のところ3回連続失敗とか。まだスキル必要なのかしらーとか話してたのですが、

まさか、失敗してたのは針が3%だからか!

さっそく、修理後に再チャレンジしていたようです。

そして結果は無事成功!

道具の耐久は成功率にも大きくかかわっているようですね。


で、きょうさんがいつもかぶっているとんがり帽子が、
あまりに見た目に違和感があるので、ターバンとスカーフを作ってくれました(*'-')テッテレー


tarban.jpg

ターバン。

せっかくのきょうさん自慢のポニーテールが隠れて見えません。

ちなみにこのターバン、順調にあゆらさん成功させてたのですが、気がつくと「ターバン+2」でした。
超HQ品になってたー!


まぁそんなターバンもあゆらさんには不評だったので、続いてスカーフを。

sukafu2.jpg


あゆらさんには「どこの掃除夫だ・・!」とつっこまれましたがw

頭装備も潤ってきたのでホクホクです(*'-')

***   ***

さて、そんな中、さっきの噴水ですが、よーくみると、水が落ちているところに文字が書いてあります。

moji1.jpg

これこれ。

この文字、エオルゼアの文字のようなのですが、そういえば少し前にFF14のいろんなサイトをうろうろしてたとき、
ちょうどこのエオルゼア文字について書いてる記事を見かけました。

FINAL FANTASY 14-FAN さまのサイト。

アルファベットにほど近い形になってるようです。

で、上の画像をアルファベットに直してみたところ、

「Divinity is the color of gold」

Divinityは神、神性、神々しさといった意味のようですので、
「神は金の色」とか「神々しさは金の色」といった意味なのでしょうかね。


ちなみに、ウルダハにはもう1箇所噴水があります。
そちらの文字がこんなかんじ。

moji2.jpg

「Know doth faces of nald'thal」

dothをそのまま英語の訳にすると、doの直説法うんたらかんたらと出てきて、
よく意味がわからないのですが、ひょっとするとスペイン語なんかの数字2を表す「dos」と、
発音も似てたりするので、そっちにすると次のような意味になるのかなー。

「ナルザルの2つの顔を知りなさい」


で、ナルザルって何よって話ですが、
実はみなさん1回は目にしているのです!

ナルザルはウルダハの守護神で、地底と商売を司る男神です。
十二神の一人で、キャラメイキングの際に選ぶことができます。

***   ***

さて、もう少し話を続けますが、

それぞれの噴水のおくに、実は礼拝堂があります。

金の色の方はこちら。
gold.jpg

二つの顔の方はこちら。
death.jpg


礼拝堂にいた方たちに話をお伺いしたところ、どうやら、
ナルザル神はナル様とザル様という双子の神様のようで、

ナル様は生前の世界を治め、現世に富をもたらす神様、
ザル様は死後の世界を治め、何者にも縛られない自由をもたらす神様。
そんな感じ。

金色の方の噴水はナル様の礼拝堂、2つの顔のほうがザル様の礼拝堂です。
ナル様のほうは、手に持ってる壷に富がいっぱいつまっているようで、
現世の富を求める人たちに礼拝されているようです。

そう考えると、「神々しさは金の色」って書いてあるのも納得です。


なんて、街を楽しむのも面白いです。

そんなウルダハ探検。

テーマ: FINAL FANTASY XIV
ジャンル: オンラインゲーム

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。